よくある転職失敗の理由と対処法について解説!その後の行動で成功を掴もう

転職失敗したかも!?
転職失敗した!これからどうしたら…

なんてお悩みはないですか?

苦労した転職が失敗となると、どうしたら良いかわからなくなってしまいますよね。

転職したばかりなのに辞めたい、前職に出戻りしたいなんて思っている方もいらっしゃるのでは?

この記事では、転職に失敗したと思ってしまう理由や、転職に失敗したと思ったあとの対処法を紹介していきます。

また次の転職を失敗しないための「成功する転職の進め方」も紹介していますので、転職失敗したかもしれない・失敗したけどどうしようと悩んでいる方はぜひお読みください。

この記事を読むことで、転職に失敗したときにすべき行動がよく分かります。

この記事の内容|ざっくりいうと
  • 転職に失敗したと思ったら、原因を冷静に分析
  • 仕事や人間関係に慣れると考えが変わることがある
  • 原因が把握できたらキャリアビジョンを明確に
  • 再転職活動を失敗しないためには準備を入念に
  • 転職に失敗したと思っても、冷静に対応しよう

転職失敗したかも!?と思ってしまう原因

転職失敗_原因

まず初めに、転職に失敗のよくある原因についてご説明していきます。

あなたが転職を失敗したと考えるようになった理由も、おそらく以下に存在するでしょう。

転職失敗のよくある原因
  • 聞いていた条件と実際の条件の相違
  • 人間関係のトラブル
  • 将来への不安が生まれた
  • 前職に比べてやりがいがない
  • 自分の希望が通らない
  • 退職してから転職活動をした
  • 職場に馴染めない

内定時と条件が違う

転職失敗_原因_条件相違

いざ転職をしてみて内定時と条件が違うと「転職に失敗したかも」と思ってしまいます。

なぜなら条件とは給与・仕事内容・就労時間など、働く上で重要なものばかりだからです。

「条件が違うならそもそもこの会社に転職していない」という人も多いため、内定時と条件が違うと転職失敗と判断するのは当然です。

内定時と条件が違う理由は会社が悪い場合もありますが、本人と会社との間で条件を詰めていなかったために起こる場合もあります。

本人と会社との間で行き違いや誤解が生じているということがあるので、内定承諾前にしっかり確認しましょう。

よくある条件相違の例
  • 「給与は前職並みと聞いていたのに、想定したより給与が低い」
  • 「試用期間は給与が下がるとは聞いていない」
  • 「デスクワーク中心と聞いていたのに、外回りばかり」
  • 「残業はほとんどない、と聞いていたのに実際は毎月50時間以上残業している」
  • 「あこがれの仕事だったが、実際に働いてみると思っていたのと違った。」

転職先の人間関係に問題があった

転職失敗_原因_人間関係

条件が良くても人間関係に問題があると、転職失敗と感じてしまいます。

人間関係については実際に転職してみないとわからないことが多いため、事前に判断するのが難しいです。

人間関係の問題の例
  • 「年功序列で体育会系。社歴の長い人の指示が絶対だった」
  • 「社長がワンマン経営で、社内の雰囲気が悪い」
  • 「職場でコミュニティができあがっていて輪に入れない」
  • 「パワハラやセクハラがある」

上記のような失敗を防ぐためには、口コミサイトを利用したり、転職エージェントに企業の内情を教えてもらうといった対策が有効です。

転職先の仕事を続けていいのか迷いが出てきた

転職失敗_原因_今後の不安

転職してみて、転職先の仕事を続けていいのか迷いが出てくることもあります。

例えば、「もっと収入が必要」「転職先の仕事にやりがいを感じられない」「働き方がキツくて続けられるか心配」などの不安は誰しもが抱く可能性があることでしょう。

仕事を続けられるかどうかは経済的・精神的・肉体的な理由など、人によって様々な判断基準があります。

転職先の仕事を続けていいのか迷うことを防ぐためには、自分のキャリアビジョンや絶対叶えたい条件を明確にすることが有効です。

迷いが出るのは人間なので、仕方ありません。

迷う中でも自分にとって重要なことをを明確化させることが大切です。

前職の方がやりがいがあった

転職失敗_原因_やりがい

「前職の方がやりがいがあった」と後悔すると、転職失敗だと思ってしまいます。

「前職の方が給与が低かったが、やりがいがあった」「転職先はワーク・ライフ・バランスが取れているが、仕事内容が作業的でやりがいを感じない」などと、前職を離れたことで前職の良さが分かるということがあります。

ただし仕事や人間関係に慣れていくと、転職先の良さがわかってくることも。

「前職の方がよかった」とすぐに転職が失敗と断じるのは少し待った方がいいかもしれません。

少し様子を見てから判断するほうが失敗は少ないでしょう。

面接時に自分の希望をうまく伝えられなかった

転職失敗_原因_希望と違う

転職面接時に自分の希望をうまく伝えられないと転職を失敗したと感じる原因になりえます。

「仕事内容に不満を感じて転職を決意したのに、経験があるので転職先でも結局同じ仕事をしている」といったように、給与や仕事内容などで自分の希望をうまく伝えられないと転職を繰り返すことになるかもしれません。

現状を改善したくて転職をするのですから、自分の希望はしっかり伝えましょう。

転職先が決まる前に退職してしまった

転職失敗_原因_退職のタイミング

転職先が決まる前に退職してしまい、その後なかなか転職先が決まらないと転職失敗と思ってしまいます。

転職活動中に収入がないため貯金を切り崩すことになるので、十分な貯金額がないと不安です。

貯金額が減っていくと焦って良くない転職先を決めてしまい、再び転職失敗するかもしれません。

転職先を決めてから退職できれば問題はないのですが、働きながらの転職活動が難しい職場もあるので注意しましょう。

転職直後は慣れない…「後悔」して当たり前!

転職失敗_原因_冷静になろう

当然ですが、転職直後に仕事がバリバリこなせたり、人間関係がすべて上手くいくという人は滅多にいません。

むしろ転職直後は仕事に慣れずに失敗をしたり、すぐに職場に馴染めなかったりと後悔するのが当たり前です。

転職直後の負の感情は、自分以外にも多くの人が共通してもつことが多いということを知り、一回落ち着いて考えてみることが必要です。

転職に失敗したなと思ったらやるべきこと

転職失敗_やるべきこと

以下にて「転職に失敗したなと思ったらやるべきこと」を紹介していきます。

既に失敗したと考えている方は、すぐにいずれかを実行しましょう。

転職に失敗したらするべきこと
  • 前職に戻れるか相談する
  • 転職エージェントに相談
  • 今の職場でもう少し頑張る

前職に戻れるか相談する

転職失敗_するべきこと_出戻り転職

転職に失敗して、「前職の方が良かった…」と思ったら前職に戻れるか相談してみましょう。

いわゆる「出戻り転職」ですが、近年では出戻り転職を受け入れる企業が増えています。

出戻り側は前職の実績やスキルがそのまま活かせますし、どんな職場かわかっているのでミスマッチも少ないです。

ただし以前より給与やポストなどの雇用条件が下がったり、退職の仕方によっては暖かく迎えてもらえない可能性もあります。

企業側としては即戦力として期待できますし、教育のコストも必要ありません。

前職に戻る場合は、(1)求人に応募する(2)前職の上司や同僚に相談する、という2つの方法があります。

1つ目の「求人に応募する」というのは通常の転職活動と同じです。

以前働いていたことが有利になるとは限りませんし、退職理由などによっては不利に働く可能性もあります。

2つ目の「前職の上司や同僚に相談する」というのは他の転職希望者とは違ったルートで、出戻り転職の利点です。

採用担当者への橋渡しや根回しなど、サポートもしてもらえるので、通常の転職活動よりも内定をもらえる可能性が高くなります。

前職の上司や同僚に相談するなら、関係が良好であることや退職の仕方が重要です。

もし連絡を取り合っていなかったり、円満に退職できなかったのなら、前職に戻るのは難しいでしょう。

転職エージェントに相談

転職失敗_するべきこと_転職エージェント

「転職に失敗した」と思ったら、転職エージェントに現状を相談するのもいいでしょう。

転職エージェントは転職後のフォローも行っていますし、あなたと同じように「転職に失敗した」という方からの相談も数多く受けているので、経験豊富です。

そのため転職エージェントに相談すると、客観的なアドバイスを受けることができます。

転職時に利用したエージェントが信頼できる相手であるなら、その転職エージェントに相談しましょう。

もし転職エージェントを利用したことがなかったり、信頼できる転職エージェントがいない場合は、大手の転職エージェントに相談するのが無難です。

ただし担当者によっては、自分の売上のためにすぐに転職を勧めてくる場合もあります。

最終的な判断は自分でする意識をしっかり持ちましょう。

今の職場で頑張る

転職失敗_するべきこと_そのまま頑張る

すぐに次の転職をしないで、今の職場で頑張るのも一つの方法です。

入社直後は思い描いていた仕事内容や職場環境とのギャップなど、不満や不安を感じるのは当たり前。

前職の経験から、前職の方がよかった点が目につきやすくもなります。

ですが、仕事を続けていくと仕事内容には慣れていきますし、仕事が上達するとやりがいが出てくるものです。

またある程度長くいると、職場にも馴染んでいきますし、人間関係もできていきます。

短期間で転職先を辞めてしまうのは、転職活動においては悪印象となることも多いです。

明らかなブラック企業でないなら、すぐに転職するのではなく、今の職場で続けてみるのもいいでしょう。

転職失敗して辞めたい。まだ1ヵ月~3ヵ月だけど辞めてもいい?

転職失敗_辞めてもいい?

転職して間もないのに辞めたい、と考えている方もいるのではないでしょうか?

ここでは、転職してすぐに辞めても大丈夫な場合と、そうでない場合をご説明します。

1ヵ月~3ヵ月以内の勤務でも辞めやすい「状況」「条件」もある

転職失敗_辞めやすい場合

「転職失敗したかも」と思うのは入社1ヶ月~3ヶ月くらいが多いようです。

「転職してすぐに辞めるのは転職活動においては悪印象となる」と前述しましたが、1~3ヶ月以内の勤務でも辞めやすい「状況」「条件」もあります。

1~3ヶ月以内の勤務でも辞めやすい状況・条件は「社会保険や厚生年金に加入していない」ことです。

転職先によっては「試用期間は社会保険や厚生年金に加入させない」という企業があります。

社会保険や厚生年金に加入させない企業だと、退職しても履歴が残りません。

社会保険や厚生年金に未加入の内に退職すると、一度転職したことをなかったことにして、転職活動を続けていたことにすることもできます。

転職してすぐ辞めるのは転職活動においては悪印象ですが、社会保険や厚生年金に未加入の内に退職すると、そういったリスクをリスクを排除することが可能です。

一度社会保険や厚生年金に加入すると履歴が残るので、転職活動をしていたことにできません。

ただし経歴を隠したことが採用前にバレると、相手企業から信頼を完全に失うので、間違いなく内定はもらえないでしょう。

また経歴をなかったことにしても、不自然に空白期間ができるので、採用選考でいい印象を持たれないかもしれません。

そもそも経歴を隠すことは本来するべきではないので、おすすめはできません。

ですが転職後すぐに辞めたくなった時に、今辞めたほうが自分にとっていい「状況」や「条件」があることは知っておくといいでしょう。

1ヵ月~3ヵ月では辞めないでよく考えたほうが良い「状況」「条件」

転職失敗_辞めにくい場合

逆に1ヵ月~3ヵ月では辞めないでよく考えたほうが良い「状況」「条件」は、既に社会保険や厚生年金に加入してしまっている状況です。

社会保険や厚生年金に加入後なら、確実に履歴が残るので、すぐに退職するとその後の転職活動に悪影響となるかもしれません。

また今の職場で仕事を続けていくと、問題が解決する場合もあります。

前述しましたが、転職直後は新しい仕事内容や人間関係に慣れていないため、不満や不安を感じやすいものです。

仕事や人間関係に慣れると事態が好転することも多いので、一時的な感情ですぐに辞めるのではなく、もう少し様子を見てもいいでしょう。

もう転職失敗を繰り返さない!成功する転職の進め方

転職失敗_成功するために

転職を失敗し、もう一度転職をしようと考えている方々は、「次こそは成功したい」と強く願っているのでは?

以下にて、成功する転職活動の進め方をご紹介します。

成功する転職活動の進め方
  • 転職失敗の理由を分析する
  • キャリアビジョンを明確に
  • 妥協できる点と譲れない点を決定する
  • 自分の市場価値を見極める
  • 社風・人間関係を確認する
  • 理想と現実のギャップを埋める
  • 焦らず時間をかける
  • 転職活動は退職前に行う
  • 複数の企業に応募する
  • 内定承諾前に条件を再確認する

転職失敗した理由を冷静に分析

転職失敗_成功のために_転職失敗の理由を分析

転職失敗した場合、「なぜそう考えてしまったのか」という理由を冷静に分析することが大切です。

理由がわからずに次の転職をしてしまうと、同じ失敗を繰り返してしまう可能性があるからです。

条件や仕事内容、人間関係など、転職を失敗したと思う理由は様々。

転職を失敗したと思う理由は一つだけでなく、複数かもしれません。

同じ失敗を繰り返さないためにも、理由は冷静に分析しましょう。

なぜ転職するのか?転職したい理由を整理しキャリアビジョンを明確に

転職失敗_成功のために_キャリアビジョンを明確化

転職を失敗しないためにはキャリアビジョンを明確にする必要があります。

自分がどのようなキャリアを築いていきたいのかというビジョンがあると、一時の感情に流された無駄な転職を防ぐことができます。

「嫌なことがあったから辞めたい」「今の会社が何となく合わない」「仕事がつまらない」などの理由で辞めるのは失敗の元ですので、キャリアビジョンを明確にして、それに沿った転職をするようにしましょう。

絶対に叶えたい条件、妥協できる点を決めておく

転職失敗_成功のために_妥協点決定

転職活動をする上では、絶対に叶えたい条件妥協できる点を決めておきましょう。

転職をする上で自分の希望が全て通る企業というのはほぼありません。

例えば「高収入で残業がなく、福利厚生も充実していて、家から近い」といった企業を見つけることは100%無理とは言えないですが、かなり難しいです。

理想の企業だけを探していると、時間だけが過ぎていきます。

また様々な転職先がある中で、魅力的に見える案件に出会うことがあります。

ですが絶対叶えたい条件を決めずに転職をしてみると「こんなはずじゃなかった…」と後悔することも。

ですので、自分が絶対叶えたい条件は先に決めておきます。

絶対叶えたい条件が「高収入」あれば、「高収入」を軸に企業を探すことができるので、転職活動はスムーズです。

また絶対叶えたい条件のために妥協できる点も決めておきましょう。

例えば「高収入」を叶えるために「激務」はOKということなら、実際に働きだして仕事がキツくても納得感を持って働くことができます。

逆に、絶対に叶えたい条件を満たさない転職先は見送るようにしましょう。

絶対叶えたい条件を満たさない転職先には行かないほうが失敗しづらくなります。

過大評価せず自分の市場価値は正しく見極める

転職失敗_成功のために_市場価値を見極める

自分を過大評価してしまうと、転職で失敗してしまうことがあります。

具体的には、「自分の力量に見合わない企業に転職してしまった」「もっといい転職先を探している内にタイミングを逃してしまった」などというケースです。

今の会社での自分の価値と市場価値は違うもの。

自分ではできると思っている人が、市場ではそうでもないことがよくあります。

自分で判断できない方は、転職エージェーントなど客観的に判断できる人に相談してみるか、適職診断などを受けてみるといいでしょう。

口コミサイトで会社の社風・人間関係などを確認する

転職失敗_成功のために_社風を確認

求人や面接だけでは会社の社風や人間関係を判断することは困難です。

できれば入社前に転職先の人間関係や社風で失敗ないために、確認したいという人に役立つのが「口コミサイト」です。

口コミサイトでは実際に転職したい会社で働いている人や働いていた人が社風や人間関係についての口コミを書いており、とても参考になります。

ただし口コミサイトはネガティブな書き込みをする人が多い傾向があります。

ポジティブなイメージを持っている人はそもそも口コミサイトを利用しない人が多いためです。

口コミサイトを参考にする時はネガティブに書く人が多いということを頭に入れて見るようにしましょう。

事前の情報収集で理想と現実のギャップを埋める

転職失敗_成功のために_理想と現実のギャップを埋める

転職前には情報収集をしっかり行い、理想と現実のギャップを埋める努力をしましょう。

実際に働いてみて理想と現実のギャップが酷いと、理想と現実のギャップが原因でせっかく転職したのに辞めてしまうことになる恐れがあります。

理想と現実のギャップを埋めるために、給与・仕事内容・労働環境・社風・職場の雰囲気など、事前に調べられることはしっかり調べておくようにしましょう。

焦らず転職に時間をかける

転職失敗_成功のために_焦らず時間をかける

転職の失敗を避けるために、焦らず転職に時間をかけることも大切です。

焦って転職先を決めてしまうと、事前の調査が甘くなる・絶対に叶えたい条件を妥協することになってしまうなど、後悔する可能性が高くなってしまいます。

転職活動の平均期間は3ヶ月~6ヶ月と言われており、かなり時間がかかるものです。

中には1ヶ月以内に決めてしまう人もいますが、他人と比べてもいいことはありません。

焦らず時間を掛けて、納得できる転職先を見つけましょう。

転職活動は退職前におこなう

転職失敗_成功のために_退職前に転職活動

転職を失敗しないために、転職活動を退職前に行えると理想的です。

前述の通り、転職活動は時間がかかります。

退職後に転職活動をするということは、無収入での転職活動です。

長期間、無収入で転職活動をしていくとだんだん焦ってきてしまい、転職失敗につながる可能性が高くなります。

ですので可能であれば、退職前に転職活動を終わらせてしまうのがいいのですが、できない方もいます。

もし退職前に転職活動をするのが難しいという方は、ある程度貯金ができてから退職する・生活コストを限界まで削る・失業保険を受給するといった方法をとりましょう。

半年以上、転職活動に集中しても問題がない状態を作り上げてから退職することを意識してください。

退職後なら転職活動に専念できる分、働きながら転職活動を行うよりも転職活動期間は短くなる場合が多いですが、なるべく余裕を持って備えておくと安心できます。

複数企業に応募し、1社に絞りこまない

転職失敗_成功のために_複数企業に応募

転職活動では並行して複数企業に応募し、1社に絞り込まないようにしましょう。

転職活動では平均して10社前後の企業に応募している人が多く、1社に絞って受けている人はほとんどいません。

1社ずつ受けていくと、受けている企業の結果が出るまで次の企業を受けられないので、非常に効率が悪いです。

落ちるたびにゼロからやり直しては、時間もかかりますし、モチベーションも落ちていきます。

複数企業に応募することで時間を効率的に使えますし、リスクヘッジにもなります。

また応募している複数企業で比較もできるので、より納得できる転職先を見つけることが可能です。

また面接などの選考は回数をこなせば慣れていくので、より通過率も上がっていきます。

限られた時間の中で、失敗しない転職先を見つけるためにも、1社に絞り込まず、複数企業に応募しましょう。

働きながら複数企業に応募するのがキツイ、という方は転職エージェントの利用を検討してください。

履歴書や職務経歴書などの書類作成や面接の日程調整などを代行してくれるので、効率的に転職活動を薦めることができます。

内定承諾前に給与や就業条件を再確認する

転職失敗_成功のために_内定承諾前に条件再確認

希望する企業から内定がでたら、承諾前に給与や就業条件をしっかり再確認しましょう。

しっかり再確認しておかないと、「内定時と条件が違う」など、転職失敗の原因となってしまします。

内定が出たら企業から労働条件を「労働条件通知書」として通知されます。

労働条件通知書に記載されているのは以下の事項です。

労働条件通知書の記載事項
  • 労働契約の期間に関する事項
  • 就業場所及び従事すべき業務に関する事項
  • 始業・終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇並びに交代制で就業させる場合の就業時転換に関する事項
  • 賃金の決定(退職手当及び臨時賃金は除く)、計算及び支払の方法、賃金の締め切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項
  • 退職に関する事項(解雇の事由を含む)

通知は内定の連絡と同じタイミングでメールなどで送られてくるのが一般的です。

企業によっては書面で渡すのは入社日で、内定の段階では口頭で連絡するというところもあります。

ですがあとで「思っていた条件と違う!」などと転職失敗の原因にならないように書面でもらえないか頼んでみましょう。

条件提示から承諾までの間が、条件交渉のラストチャンスです。

しっかり条件を精査し、条件が合わないのなら条件交渉をするのか、内定を辞退するのかを決めましょう。

内定が出た喜びで、よく確認せずに内定承諾をしてしまうと、転職失敗の原因となるかもしれません。

内定承諾前には諸条件をしっかり再確認しましょう。

【注意】転職失敗と判断して転職を繰り返すと不利になることを忘れずに!

転職失敗_注意すること

再び転職したいと考えること自体は問題はないのですが、転職を繰り返すことには注意しなければならない点があります。

以下で紹介するので、当てはまっている方がいたら注意してください。

職歴ばかり増えるのはデメリットになる

転職失敗_注意_職歴は増やしすぎない

転職失敗と判断して転職を繰り返すと、職歴ばかりが増えていきます。

職歴が多いと後の転職活動が不利になることがあるので注意が必要です。

職歴があまりにも多い場合は、長続きしないのではないか・人間性に問題があるのではないかといった疑いをもたれる恐れがあります。

企業側は一人一人採用コストがかかっており、すぐ辞めるような人を採用すると赤字になってしまいます。

そのため「長く働いてくれるかどうか」が重要なポイントです。

また転職を繰り返している人の人間性に疑問を持つ採用担当者もいます。

キャリアビジョンを持っていないのではないか・人間関係を築けない人なのではないかなどと考えられると採用してもらうのは難しいです。

転職失敗と判断して、転職を繰り返してしまうと、その後の転職活動が不利になることは理解しておきましょう。

そもそも30代以降は転職がしにくい

転職失敗_注意_30代以降は転職しにくい

転職失敗と判断して転職を繰り返そうと思っても、そもそも30代以降は転職がしにくいということは頭に入れておきましょう。

一般的に30代、特に35歳以降からの転職には高い壁があると言われており、「転職35歳限界説」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

一昔前と比較すると、30代での転職も増加してきており、「転職35歳限界説」は崩れたようにも見えますが、実際の難易度はやはり高いです。

30代以降でも転職を成功させるには即戦力・具体的なスキル・実績・コミュニケーション能力・マネジメントスキル・柔軟性・対応力、といった強みを持っている必要があります。

特に「スキルや実績がない人」や「転職理由がネガティブ」という方は転職成功のハードルがかなり高いです。

「転職失敗したかも」と思ったとしても、本当に退職するべきかどうか、退職後に転職を失敗せず今よりもいいところに転職できるかは考えてみましょう。

転職に失敗したと思っても焦らないで!冷静に対応してみよう

転職失敗_焦らない

以上、転職の失敗について、よくある「原因」と「対処法」、失敗を繰り返さないための「転職の進め方」を紹介してきました。

もし転職に失敗したと思っても焦ってはいけません。

まずはなぜ転職に失敗したと思ったのか、原因を冷静に分析して、次の行動を決めるのが大切です。

入社して間もないタイミングだと、新しい仕事内容や人間関係に慣れず、不満点が目につきやすいだけかもせれません。

すぐに転職失敗と断じるのではなく、なぜ転職失敗したと思ったのか、原因を把握しましょう。

原因が把握できたらキャリアビジョンや絶対叶えたい条件、自分の市場価値の把握をしていき、自分が転職すべきかを考えます。

転職すべきなら、入念に準備を行い、じっくり転職活動を進めて行きましょう。

焦って再び転職に失敗したら元も子もありません。

焦らず冷静に転職活動を進めましょう。

もし転職に失敗したと思ったら、ぜひこの記事を参考にして、冷静に対応してください。

この記事の内容|まとめ
  • 転職に失敗したと思ったら、原因を冷静に分析
  • 仕事や人間関係に慣れると考えが変わることがある
  • 原因が把握できたらキャリアビジョンを明確に
  • 再転職活動を失敗しないためには準備を入念に
  • 転職に失敗したと思っても、冷静に対応しよう

関連記事⬇︎