薬剤師の転職サイト徹底比較!2021年度版人気ランキング|500人のリアル口コミも!

薬剤師の転職したいけど、今転職して失敗しないかな…?

薬剤師の転職って難しいのかな?

薬剤師の転職を成功させるためには、どうすればいいんだろう?

このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

今や引く手数多な薬剤師の転職市場。

実際に薬剤師が転職すること自体は難しくありません。

しかし求人が多いからといって安易に転職をすると、失敗しかねない状況でもあるのです。

むしろ『給料』や『待遇』『人間関係』などが異なる求人が溢れかえり希望通りの転職をすることは難しくなっています。

結論から言うと、転職活動の方法を間違わなければ誰でも給料や職場環境も希望通りに転職をすることは可能です

この記事では薬剤師の転職理由から転職事情、成功するためのおすすめ転職エージェント・サイトまで徹底解説します。

この記事を読み終わる頃には、あなたも自分の悩みを解決するための転職活動を始めることができるでしょう

おすすめの転職サイト・エージェントを先に読む

薬剤師転職をざっくり言うと
  • 薬剤師の転職理由は、待遇や給与、人間関係が多い
  • 薬剤師の転職事情は、『売り手市場』転職をしやすいが、求人は玉石混合
  • 転職成功のためには転職サイト・転職エージェントの利用が無難
  • 病院・企業への転職は未経験だと難易度は高いが不可能ではない
  • 転職サイト・転職エージェントをうまく利用するなら複数利用などがおすすめ
  • 最も人気の転職サイトは「ファルマスタッフ
  • ファルマスタッフなら未経験からの病院転職や50代~60代の年収アップ転職も実績アリ

 

薬剤師500人が選ぶ!信頼できる転職サイト総合ランキング

それでは、転職活動で信頼できる転職サイト薬剤師500人の方の口コミを参考に総合ランキングを紹介します。

人気の転職サイトを選んで転職を成功させましょう!

薬剤師転職におすすめな転職サイト第1位|ファーマキャリア

薬剤師_転職_ファーマキャリア

ファーマキャリアの評価
求人数
(4.0)
サポート体制
(5.0)
母体の信頼度
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
対応地域
(3.0)

ファーマキャリアは公開求人、非公開求人、まだ求人表になっていない求人を薬剤師ひとりひとりの希望条件に合わせてカスタマイズするオーダーメイド求人の転職サイトです。

登録から内定までは最短で2日、平均で1ヶ月で可能となっており、すぐに転職をしたい人でも、じっくり転職を吟味したい人でも利用できます

条件のヒアリングも電話か対面かを希望できひとりひとりに合った転職活動が徹底されています。

転職者の希望条件が第一優先の、最もユーザーファーストな転職サイトと高評価を集めています。

こんな人に向いている!
  • 急いで転職活動をしたい!
  • じっくり転職したい!
  • 好条件にこだわって転職をしたい!
  • キャリアコンサルタントによる電話面談もしくは対面面談
  • 公開、非公開、求人票になっていない求人をカスタマイズで紹介
  • 条件交渉・面接対策
  • 内定/入社/転職後のフォロー

初めは面倒くさいと思っていたけど、満足のいく転職ができた。

最初から最後までファーマキャリアさんのサポートに感謝!(調剤薬局勤務/女性/30代/広島県)

色々な転職サイトを使ったけど、一番条件にあった求人を紹介してもらった。

ゆっくり転職活動をする時間があって、転職条件にこだわりたいならおすすめできる。(病院勤務/女性/30代)

ファーマキャリアは求人の質が良いと高評価でした。

複数サイト利用をしていた人も、良い求人を紹介してもらったと評価しています。

とはいえ、時間がある人におすすめと言う口コミも多数ありました。

求人数全32,458件

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・愛知県・岐阜県・静岡県・三重県・広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

  • 電話カウンセリング
  • 最短即日で求人紹介

薬剤師におすすめな転職サイト第2位|リクナビ薬剤師

薬剤師_転職_リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の評価
求人数
(4.0)
サポート体制
(5.0)
母体の信頼度
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
対応地域
(3.0)

リクナビ薬剤師は、人材紹介企業でおなじみのリクルートが母体の薬剤師専用の転職サイトです

リクナビは薬剤師専門のキャリアアドバイザーが対面または電話でサポートをしてくれるハイブリット型転職サイトという特徴がありひとりひとりのニーズに合った転職活動ができるという点が特徴です。

全求人の75%が公開されていない好条件の非公開求人で、好条件にこだわって転職活動がしたい場合はリクナビ薬剤師の右にでる転職サイトはありません。

さらに転職先での待遇交渉だけでなく、現職場の円満退社のための退社交渉も行ってくれるのが魅力です。

こんな人に向いている!
  • オンライン上だけで急いで転職活動をしたい!
  • 対面でじっくりサポートしてほしい!
  • 非公開求人が知りたい!
  • キャリアコンサルタントによる電話面談もしくは対面面談
  • 非公開求人の紹介
  • 条件交渉・面接対策
  • 内情調査
  • 退社交渉
  • 入社のフォロー

リクナビは、流石のリクルートノウハウで内定をサポートしてもらえると話題です。

口コミの評価は内定をもらったと言う感想が多い傾向にありました。

求人数全35,000件以上

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・愛知県・岐阜県・静岡県・三重県・広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

  • 電話か対面か選べるカウンセリング
  • 非公開求人75%の好条件案件

薬剤師におすすめの転職サイト第3位|マイナビ薬剤師

薬剤師_転職_マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の評価
求人数
(4.0)
サポート体制
(5.0)
母体の信頼度
(5.0)
使いやすさ
(3.0)
対応地域
(3.0)

マイナビ薬剤師は、大手人材紹介会社『マイナビ』が母体の転職サイトです。

マイナビ薬剤師では『会って転職相談にのる』ということを大切にしており、キャリアアドバイザーの面談も対面で行われます。

キャリアアドバイザーは薬剤師の求人、職場事情に精通した薬剤師専任のキャリアアドバイザーのため安心して相談ができます。

全国で15拠点をもつマイナビ薬剤師は入社までの手続きや日程調節もサポートをしてくれます。

こんな人に向いている!
  • 対面の面談で転職活動を行いたい!
  • ゆっくり、じっくり転職活動がしたい!
  • キャリアコンサルタントによる対面面談
  • 非公開求人の紹介
  • 条件交渉・面接対策
  • 入社のフォロー

マイナビ薬剤師は、ユーザーの満足度が高い傾向にあります。

特に満足度が高いのがサポート面。

親身になって相談に乗ってくれると高評価です。

求人数全約58,000件(2019/12 時点)

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・愛知県・岐阜県・静岡県・三重県・広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

  • 薬剤師専任のキャリアアドバイザーによる直接面談
  • 人材業界最大手のマイナビブランド

薬剤師におすすめの転職サイト第4位|薬キャリ AGENT

薬剤師_転職_薬キャリ

薬キャリ AGENTの評価
求人数
(5.0)
サポート体制
(3.0)
母体の信頼度
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
対応地域
(3.0)

薬キャリAGENTは年間20,000人以上の薬剤師が転職活動に利用する人気転職サイトです。

薬キャリ AGENTの母体は、医療関連ビジネスを展開する東証一部上場企業エムスリーとエス・エム・エスであり独自のノウハウやコネクションが結集されているので信頼性は抜群です。

転職活動では、キャリアコンサルタントによるカウンセリングを電話にで行い、最短で即日に求人を紹介してくれます。

また独自のネットワークを活かし、現場の内情の情報も充実しており情報量でいうと業界トップクラスを誇ります。

こんな人に向いている!
  • 急いで転職活動をしたい!
  • キャリアコンサルタントによる電話面談
  • 非公開求人の紹介
  • 条件交渉・面接対策
  • 内定/入社/転職後のフォロー

薬キャリは登録したら即日で連絡がきた。

他の転職サイトと比べ対応が早い。(調剤薬局勤務/男性/30代/千葉県)

子供が手がかからなくなったので、8年のブランクからの復職をしたくて、転職活動を開始した。

ブランクに不安があったけど、思ったより好条件で転職をすることができた!(調剤薬局勤務/女性/40代/群馬県)

薬キャリの口コミで多かったのは、対応が早いと言う評価でした。

転職活動は何かと不安なことが多いもの。

対応が早いと言うのは安心ですね。

求人数全57,229件*公開求人のみ(2020/04/15現在)

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・愛知県・岐阜県・静岡県・三重県・広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

  • 電話カウンセリング
  • 最短即日で求人紹介

薬剤師におすすめの転職サイト第5位|ファルマスタッフ

薬剤師_転職_ファルマスタッフ

ファルマスタッフの評価
求人数
(4.0)
サポート体制
(4.0)
母体の信頼度
(4.5)
使いやすさ
(3.0)
対応地域
(3.0)
ファルマスタッフは、職業紹介優良業者取得の信頼できる転職サイトです。

ファルマスタッフの特徴は、対面での個人面談によるサポートがあるという点です。(遠方・都合がつかない場合を除く)

個人面談によって相談や不安を聞いてほしいという方はまず、ファルマスタッフが最適でしょう。

さらに、全国で12拠点を持っており、求人も全国規模で情報を得ることができ地方への転職も安心です。

口コミでも、ていねいな転職サポートが高評価を受けており、薬剤師に人気の転職サイトです。

こんな人に向いている!
  • 個人面談で手厚くフォローを受けたい!
  • 個人面談
  • 仕事紹介
  • 条件交渉・面接対策
  • 内定/入社/転職後のフォロー

ファルマスタッフには求人紹介だけでなくマッチングを高めるために、見学もできるようです。

ここまでの手厚いサポートやが高評価を得ています。

求人数全60,825件(2020/04/15現在)

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・愛知県・岐阜県・静岡県・三重県・広島県・岡山県・鳥取県・島根県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

  • 個人面談カウンセリングがある
  • 職業紹介優良業者取得
  • プライバシーマーク取得

【職場別】特化型薬剤師転職サイトランキング

転職サイトには得意な分野と不得意な分野があります。

働きたい職場の属性が決まっている場合は、それぞれに特化した転職サイトを選びましょう。

調剤薬局で働きたい薬剤師におすすめな転職サイト2選

調剤薬局で働くために特化した転職サイトは以下の通りです

調剤薬局に強い転職サイト
  1. 薬ジョブ
  2. 薬キャリ

薬ジョブ

ヤクジョブは、厚生労働大臣に紹介業・派遣業として認定を受けている優良転職サイトです。

特筆すべき点は求人数で、2020年4月時点では求人数が95,717件と公表をしています。

中でも調剤薬局への転職実績は業界最多級で20年間薬剤師の転職をサポートし続けています。

薬キャリ

薬キャリは『迅速な対応』『掲載求人数』が他社の転職サイトよりも優れている点です。

さらに、薬キャリは全国の薬剤師転職コンサルタント企業と提携しており、提携企業の求人も一括検索できるためより好条件な調剤薬局求人を見つけることができます

全国最大級のネットワークが生かされた転職活動をするなら薬キャリがおすすめです。

ドラッグストアで働きたい薬剤師におすすめな転職サイト2選

ドラックストアへの転職に特化した転職サイトは以下の通りです。

ドラッグストアで働きたい
  1. 薬キャリ
  2. マイナビ薬剤師

薬キャリ

薬キャリはドラックストアの好条件の転職案件を見つけることができます。

というのも母体が東証一部上場企業であるエムスリーとエス・エム・エスのノウハウやネットワークを結集され運営されているからです。

実績を見てもブランクや未経験、派遣の方でもドラックストア転職で年収を100万前後あげた実績もあります。

年収アップしてドラッグストア転職がしたいなら薬キャリがおすすめです。

出典:薬キャリ公式HP

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は人材紹介業界最大手マイナビブランドを生かして、ドラッグストアの積極採用案件を保有しています。

多彩な雇用形態、年収アップ案件もありドラッグストア転職だけをとっても充実していると言えます。

ドラックストアへの転職を成功させるならマイナビ薬剤師も外せません。

出典:マイナビ薬剤師公式HP

病院・企業で働きたい薬剤師におすすめな転職サイト2選

病院・企業への転職に特化した転職サイトは以下の通りです。

病院・企業で働きたい
  1. ファーマキャリア
  2. マイナビ薬剤師

ファーマキャリア

ファーマキャリアは転職者の条件を軸に転職活動をサポートするオーダーメイド求人を紹介する転職サイトです。

実際にブランクからの病院転職サポートの実績も持っており、難易度の高い病院・企業転職も安心して依頼することができます。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、人材業界最大手企業『マイナビ』ブランドを生かしたネットワークが特徴の転職サイトです。

調剤薬局勤めから未経験で企業転職も成功させた実績を持っており、難易度の高い病院・企業転職も安心して依頼することができます。

さらに求人数も多く、年収アップの実績も多く信頼ができるのでおすすめです

都市で働きたい薬剤師におすすめな転職サイト2選

都市への転職に特化した転職サイトは以下の通りです。

都市で働きたい
  1. マイナビ薬剤師
  2. 薬キャリア

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は都市への転職にも実績のある転職サイトです。

東京、大阪といった都市だけでも求人数は約16,000以上と圧倒的な数を誇っています。

さらに、全国に15箇所ある拠点を通じ手厚いサポートを受けることができる点が魅力です。

薬キャリ

薬キャリは全国どこでも転職サポートを受けられるオンラインサポートが特徴の転職サイトです。

東京、大阪といった都市の求人数はマイナビ薬剤師と張る約16,000以上と劣らずの数です。

マイナビ薬剤師は対面によって転職カウンセリングが進められるのに対し、薬キャリはオンラインで全てが完結するので地方から都市への転職でも安心して利用することができます。

地方で働きたい薬剤師におすすめな転職サイト2選

地方への転職に特化した転職サイトは以下の通りです。

地方に特化した転職サイト
  1. ファーネットキャリア
  2. ファルマスタッフ

ファーネットキャリア

ファーネットキャリアは地方転職に強い転職サイトです。

ファーネットキャリアはオンラインでもオフラインでもサポートを受けることができるハイブリット型転職サイトで、地方にお住いの方でも安心して転職活動に利用することができます。

さらに地方転職への実績も豊富で安心して転職相談を依頼できます。

地方転職に強い転職サイトならファーネットキャリアを欠かすことができない代表的な転職サイトです。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは地方転職でも業界最大級の求人数をもつ転職サイトです。

実際に地方求人数だけを見ても24,000件以上の数を誇り、好条件の案件から選ぶことができます。

さらに総合ランキングでも上位に上がる人気があり、その手厚いサポートは優良派遣業者として厚生労働省から認定を受けています。

安心して地方転職への転職活動をするならファルマスタッフがおすすめです。

転職をするべきなのか|転職をした薬剤師の転職理由

私の今の悩みで転職をしてもいいのか?

薬剤師転職を検討している方は上記のようにお悩みの方も多くいらっしゃいます。

確かに、自分の問題は転職するに値するのか転職先での評価はどうなのか、気になってしまいますよね。

そこで今回は転職をした薬剤師の方50人の口コミを集めて薬剤師の転職理由を集めました。

主に、転職理由はこちらの3つのケースが多いようです。

人間関係は薬剤師の転職理由の中でも最も多い項目のようです。

「上司と馬が合わない」

「自分ばかり残業をさせられて、他の薬剤師の分まで働かなきゃいけない」

「同僚が働かないのに優遇されている」

などなど…

人間関係のお悩みで、転職を検討なさる方は少なくないようです。

人間関係は自分ではどうにもできないことです。

解決するには、上司に相談をして店舗異動や配属先を変えてもらうよう斡旋してもらうこともできます。

ただしそれが難しいようであれば、転職を検討するのも妥当でしょう。

「サービス残業ばかりさせられて、身体的にきつい」

「拘束時間のわりに、給料が低すぎる」

給料や、残業への待遇、福利厚生などなど…

雇用待遇が原因で転職を検討する方も少なくないようです。

雇用待遇は、転職をすることで数十万〜年収をあげることは可能です。

上司に言って解決できるような問題でなければ、転職を検討しても良いでしょう。

「旦那の転勤で、今の職場から遠い場所に引っ越す」

「店舗異動で家から職場が遠くなってしまった」

「職場が遠く、通勤するのに負担になってきた」

などなど、配属店舗の異動や転勤によって転職を検討する方もいらっしゃいます。

この場合は、一度上司に相談すると解決する場合もあります。

解決しない場合は、転職もやむをえないと言えます。

みんなはどうやって転職をしたの?薬剤師転職の選択肢

さて、薬剤師の転職理由を理解したところで、次は薬剤師転職の転職方法について考えましょう。

薬剤師で転職を成功させるにはどの転職方法が良いのでしょうか?

1つ1つ解説をします。

薬剤師が転職する方法3つ

まずは、薬剤師転職の選択肢からざっと理解しておきましょう。

薬剤師が転職をする場合、転職方法は以下の3つから選びます。

薬剤師転職の3つの選択肢

ハローワーク

ハローワークとは、『公共職業安定所』と呼ばれる、国民の安定した雇用機会を確保することを目的として行政機関です。

国の公共事業のため求職をする人も人材を探す企業も無料で利用することができます。

転職サイト・エージェントとの大きな違いは、『掲載求人の傾向』です。

ハローワークは企業側も無料で使うことができるため、掲載求人は零細〜中小企業が多い傾向にあります。

転職サイト

転職サイトは、求職者のカウンセリングから内定までをフォローし、企業に斡旋する民間企業です。

企業の求人を掲載、人材を斡旋することで、紹介先企業から紹介料を得て運営しています。

そのため求職者は無料で転職サイトを利用することができます。

今日、転職サイトは転職エージェントとほぼ同じ役割を果たしています。

違いといえば、カウンセリングから内定まで完結するオンラインで完結する場合もあるという点です。

転職エージェント

転職エージェントとは、転職希望者のカウンセリングから内定までをフォローし、企業に斡旋する民間企業です。

転職エージェントも転職サイトと同じように企業から収益を得ており、転職希望者は無料で利用することができます。

転職サイトとは違い、求職希望者の雇用条件などは対面の面談によって行われより対人的なコミュニケーションをとって転職活動をフォローします。

薬剤師転職なら、転職サイト・エージェントの利用が無難

薬剤師転職は、他の業種と比べ比較的『転職がしやすい』といえます。

というのも、薬剤師の役割が広がる今日、現場では著しく人員不足となっているからです。

しかし、転職がしやすいが故に気軽に転職先を決めてしまい後悔したという声は後をたちません。

このような薬剤師の転職事情を踏まえると、転職サイト・エージェントといった『転職のプロにフォロー』してもらうことが希望通りの転職への近道と言えるでしょう。

先に述べたように、引く手数多で、良い職場・悪い職場は玉石混合な状態です。

自分で判断して後悔をするよりも、プロに相談をして自分の希望通りの職場を厳選して転職活動をする方が成功するには無難で、賢い転職方法なのです。

薬剤師の転職|転職サイト・エージェントがしてくれること

転職サイト・エージェントが薬剤師転職に有効であることは前章でも解説をしましたが、具体的にどのように役立つのでしょうか?

この章では、あなたの薬剤師転職に転職サイト・エージェントがしてくれることをまとめました。

転職サイト・エージェントが薬剤師転職でしてくれることは大きく分けて6つあります。

薬剤師転職にしてくれる6つのこと

  • 転職条件をカウンセリング
  • 条件にあった求人の紹介
  • 応募手続き代行・面接の日程調節
  • 履歴書の書き方・面接のやり方
  • 雇用条件・待遇・給料の交渉
  • 内定後のアフターフォロー

転職サイトとエージェントの違いは、転職サイトの多くはこれらをオンライン上で完結させ、エージェントの場合は会社に出向くか訪問によって完結される点です。

内容自体に大きな差はありません。

以上のような6つのことを転職サイト・エージェントではフォロー・代行をしてくれます。

自分ではできないような、雇用条件などの交渉もやってくれより満足のいく転職ができるようにサポートは手厚くなっています。

薬剤師が転職サイト・エージェントを使うメリット

さて前述した転職サイト・エージェントが薬剤師転職にしてくれることのメリットをまとめましょう。

自分ではできない条件で転職活動ができる

転職サイト・エージェントを利用すれば、自分で転職活動をするよりも好条件で転職活動ができる可能性が高くなります。

というのも、企業側への交渉も転職サイト・エージェントが行ってくれるからです。

さらに転職サイト・エージェントの多くは『非公開求人』という公にできない好条件の求人を持っています。

あなたの希望条件と企業側の条件があえば、このような求人を紹介してもらうこともできるです。

このように転職サイト・エージェントを利用すれば、自力で転職活動をするよりも良い条件で転職をすることができる可能性高くなります。

自力では知ることができない情報を知って転職活動ができる

転職サイト・エージェントを使うメリットは、好条件で転職活動ができるという点だけではありません。

多くの転職サイト・エージェントは転職先の評価や内情に関する口コミの情報も保有しています。

そのため、あらかじめどんな雰囲気の職場なのかを知って転職活動をすることもできるのです。

蓄積されたノウハウを元に転職をサポートしてもらえる

さらに転職サイト・エージェントは長年の転職サポートによって蓄積された『転職成功のノウハウ』を持っています。

それを元に応募から面接までもフォローしてもらうことができるため、転職成功率をあげることもできるのです。

薬剤師が転職サイト・エージェントを使うデメリット

とはいえ、利用するのにももちろんデメリットはあります。

転職活動に時間がかかる場合がある

転職サイト・エージェントを使うデメリットはひとえに『転職活動に時間がかかる場合がある』という点です。

ある特定の転職サイトや転職エージェントを利用する場合、時間を作ってエージェント側に訪問をしたり

エージェント側からの訪問を受けたり対面を基本としたコミュニケーションの中で転職活動が進められます。

そのため、自力で転職活動をするよりも時間がかかることは明白ですね。

とはいえメリットの方が大きな部分を占める転職サイト・エージェントの利用。

時間がない場合は、オンラインで全てが完結する転職サイトを利用しましょう。

薬剤師転職の成功率を上げる!良い転職サイトを見分ける方法

転職に転職サイトを利用しようにも、その数はごまんとあり、良い転職サイトを見分けることは至難の業です。

とはいえ、優良な転職サイトを見つけることは成功する薬剤師転職の第一歩

優良な転職サイトは、利用者の口コミだけでは判断できません。

良しとする基準は人それぞれだからです。

そのため結論から言うと、自分が良いと思う一次情報と信頼できる第三者の評価が優良かどうかの判断軸になります。

この章では、良い転職サイトの見分け方のポイントをざっくり解説します。

運営母体が信頼できるかどうかを確認する

運営会社が信頼できるかどうかは、良い転職サイトの絶対条件です。

会社の信頼度は、第三者機関からの認定や会社の規模などによって測ることができます。

名も知らないような小さな会社は、『転職をすること』が目的になりがちで、しつこいだけでなく良い求人も紹介してもらえません。

そのため、できるだけ認定や会社規模が大きい転職サイトを選ぶように心がけましょう。

一度面談をしてみて、違和感がないか確認する

最も信頼できる評価の指標は、『一度面談をしてみて、違和感がないか』です。

ユーザーの満足度で測るのも良いですが、良かった・悪かったと感じる基準は人それぞれです。

自分にとって良いか悪かが重要なので、一度面談をしてみて、対応に違和感がないかを確認しましょう。

その際に複数の転職サイトで面談をすることで比較しやすくなるので、複数面談をしてみるとよいでしょう。

薬剤師転職の経験者が語る|失敗しないための3つのアドバイス

薬剤師転職を成功させるためには、転職サイトの扱い方も重要です。

そこでこの章では、失敗しない転職活動のための3つのアドバイスを解説します。

転職サイト・エージェントは複数登録する

転職サイト・エージェントは複数登録をしましょう。

複数登録しておけば、より多くの好条件な求人を吟味することができるなどのメリットがあります。

さらにどんなによい転職サイトを選んだとしても、どうしても結局は『担当コンサルタントの腕』によって受けられるサービスの質は左右されます。

複数登録をしておけば、腕を比較することも可能ですし、それによって失敗するリスクを避けることができます。

より良い転職活動のためには転職サイト・エージェントは複数登録しましょう。

職場の内情もわかる転職サイト・エージェントに登録する

職場の内情がわかる転職サイト・エージェントに登録しておけば、転職をする前に職場の雰囲気を知ることができ

想像と違う…』という失敗リスクを避けることができます。

そのため、登録する転職サイト・エージェントの1つには内情を知ることができるものに登録しておきましょう。

転職条件は明確に伝える・あやふやにしない

転職サイト・エージェントを使って転職を成功させるならば、『転職条件は明確に伝え、あやふやにしない』ようにしましょう。

自分の希望通りの転職をしたいならば、転職サイト・エージェントには自分の希望をきちんと伝えましょう。

というのも、転職サイト・エージェントを利用するということは『求人探しをやってもらう』ということです。

自分で探せば、「ここちょっと違うな〜」と思ったら探し直せばよいですが、サイト・エージェント利用の場合は『伝えなければわかってもらえません。』

コミュニケーションの中で転職活動をしていくため、条件は何度でも納得がいくまで明確に伝えましょう。

薬剤師の転職事情|企業?病院?働く環境の傾向や難易度を徹底解説

先にも述べたように、今日薬剤師の活躍の場は広がっている傾向にあります。

そこでここからは、薬剤師の転職先の特徴や傾向と転職難易度を比較していきましょう。

あなたの希望する転職先は、薬剤師転職市場ではどのような位置付けなのでしょうか?

また、転職する先がまだ定まらない、という方は参考にしてみましょう。

働く環境の傾向や難易度を徹底解説

薬剤師の働く環境の傾向や難易度:比較一覧表

種類 求人数 平均年収 難易度 仕事内容
企業 500~600万 研究職から開発職まで幅広く活躍をします。
中でも品質管理薬剤師は求人が多く、主に企業で開発された薬などが基準を満たしているかどうかを管理します。
病院 400~650万 病院薬剤師の仕事は、ただ調剤をするだけでなく、『治験業務』や『救命救急業務』があります。
未承認薬の臨床試験や、医師の指示の元薬の準備やチェックを行います。
調剤薬局 500~600万 調剤薬局では、調剤業務、薬歴管理、服薬指導が主な業務になります。
ドラックストア 400~570万 主な仕事内容は、薬品に関する説明や販売になります。
ドラックス トアには一般医薬品を販売するドラックストアと調剤薬局併設型のドラックストアの二種類があります。
後者の場合調剤業務も発生し多くの場合年収が高いことが特徴です。

参考:APOPLUS薬剤師https://www.apo-mjob.com/

参考:ファルマスタッフhttps://www.38-8931.com/

参考:マイナビ薬剤師https://pharma.mynavi.jp/

企業・病院は未経験であれば難易度が高め

病院や企業で働く薬剤師はチーム医療の一員として働いたり、研究員として活躍をします。

病院で働いた場合は患者さんへの服薬指導などを長期間に渡り行ったりと専門性が磨けるのが特徴です。

とはいっても未経験から病院・企業への転職は難易度が高めと言われています。

その理由は、企業・病院といった職場の特殊性による専門スキルが必要とされるからです。

未経験で企業・病院で働きたい場合は、今より年収は下がる可能性があり、難易度は高いとされています。

未経験であれば、クリニック・調剤薬局などを検討すると良い

クリニックや調剤薬局は比較的求人数も多く転職がしやすい状況です。

さらに管理薬剤師やエリアマネージャーなど組織内でのキャリアアップも多彩で、転職によって年収をあげることが可能です。

企業や、病院での勤務が未経験の場合はクリニックや調剤薬局などのでの転職を検討すると良いでしょう

薬剤師の転職|いつ転職するのがベストなの?

求人が増える時期

薬剤師の転職では、「求人が増えるタイミング」があります。

まず1つ目は、1月~3月くらいの時期です。

3月末で退職する人がいる、新年度を迎える前に転職する人がいるなどの理由から、人員の確保をする必要があるからです。

2つ目は、夏・冬のボーナスが支給された後のタイミングです。

薬剤師も、ボーナスをもらってから転職したり、辞めたりする方が多いです。

そのため、7~10月、11月~2月のボーナス支給後の期間は、求人が増える傾向があります。

また、秋から冬にかけては、「インフルエンザ」などの患者が増えることを考慮して、人員確保に動く薬局もあります。

このように、その年や地域によって状況は変わるものの、薬剤師の求人が増える時期は1年に何回か存在します。

転職したいと考えている方にとって、その時期が一番良い条件で転職できる可能性が高いのでその時期を狙うのがおすすめです。

繁忙期の転職には気をつける

自分自身が、今働いている職場から転職するタイミングも重要です。

特に、調剤薬局などの時期によって患者が増える職場の場合には、要注意です。

「インフルエンザ」や「ノロウイルス」などが流行している時期に転職するのはやめたほうがよさそうです。

このタイミングで転職者が出てしまうと、現在の職場に残る同僚や先輩に対して迷惑をかけることになり、スムーズな手続きが難しくなる可能性があるからです。

そのため、転職するタイミングはしっかりと見極めることが必要です。

失敗できない薬剤師転職|いい転職で、変えていこう

さて、これまで薬剤師転職の全てを徹底解説しました。

転職理由から、方法、転職事情などなど…

あなたの悩みは解決されたでしょうか?

転職は、将来のキャリアのことを考えるとそう簡単にはできないもの。

それでも今より良い条件・環境で働けるなら挑戦してみるべきですよね。

今までは変わらないと諦めていたことも、『まずやってみる』ことから変えていけます。

自分から行動して、希望通りに変えていきましょう!

さてこの記事の最後に、薬剤師転職のまとめをおさらいします。

薬剤師転職ざっくり言うと
  • 薬剤師の転職理由は、待遇や給与、人間関係が多い
  • 薬剤師の転職事情は、『売り手市場』転職をしやすいが、求人は玉石混合
  • 転職成功のためには転職サイト・転職エージェントの利用が無難
  • 病院・企業への転職は未経験だと難易度は高いが不可能ではない
  • 転職サイト・転職エージェントをうまく利用するなら複数利用などがおすすめ
  • 最も人気の転職サイトは「ファルマスタッフ」
  • ファルマスタッフなら未経験からの病院転職や50代~60代の年収アップ転職も実績アリ