転職エージェントの本音|本音を利用して転職の成功率をup!

転職エージェントってどこまでが本音なの?

転職エージェントにどこまで本音で話していいの?

こういったお悩みはありませんか?

今回の記事では、そういった転職エージェントの本音と伝えて良い本音についてご紹介します。

これらを知ることで、あなたはこの記事を読み終える頃には転職の成功率をあげることができます。

転職エージェントは本音で話していない?

ecruit_agent_motive_01
転職エージェントとの面談で、アドバイザーは全てを本音で伝えません。

なぜなら、転職者は転職エージェントにとってお客様だからです。

転職エージェントは、転職者を企業に紹介することで報酬を得ます。

つまり、転職者の方に利用されなければ意味がありません。

そのため、転職者の方に気を使いながら、時には本音を隠して面談をします。

しかし、以下でご紹介する転職エージェントの本音を利用することで、転職の成功率は格段に上がります。

こんな転職エージェントは使いたくない|悪い転職エージェントの4つの特徴

recruit_agent_motive_02

転職エージェントにも、良い転職エージェント悪い転職エージェントがいます。

ここでは、悪い転職エージェントの4つの特徴をご紹介します。

悪い転職エージェント特徴
  • 転職エージェントとしての意見を言わない
  • 転職者の希望条件を無視した求人を紹介する
  • 現職を否定する
  • 内定が出た企業にすぐ入社させようとする
  • 他のエージェントから紹介された求人を否定する

転職エージェントとしての意見を言わない

転職者の希望条件に対して、意見を言わずにとりあえず求人を紹介するアドバイザーもいます。

有能な転職エージェントは、あなたの希望条件について意見し、転職者に合った求人を紹介します。

転職者の希望条件を無視した求人を紹介する

転職の希望条件を無視し、多くの求人を紹介してくる転職エージェントもいます。

そのような転職エージェントは、報酬目当てで転職者のことを考えてはいません。

現職を否定する

転職者が自社を使って転職をしないと、転職エージェントは報酬を生み出せません。

そのため、中には現職を否定し転職を促す転職エージェントもいます。

そのような転職エージェントも、報酬目当てで転職者のことを考えてはいません。

他のエージェントから紹介された求人を否定する

他の転職エージェントから紹介された求人で転職者が転職してしまうと、転職エージェントは報酬をもらえません。

そのため、他の転職エージェントから紹介された求人を否定する転職エージェントも、報酬目当てで転職者のことを考えてはいません。

転職エージェント側の本音|転職に失敗する人の6つの特徴

ecruit_agent_motive_03

先ほどもご紹介した通り、転職エージェントは転職者に本音を伝えるわけではありません。

ここでは、転職エージェントの本音から転職に失敗する人の6つの特徴をご紹介します。

転職に失敗する人の特徴
  • 自分の意思がなく決断力がない人
  • 親同伴で面談に来る人
  • 前職の愚痴を言う人
  • 転職の希望条件のこだわりが強すぎる人
  • 転職を何度も繰り返す人
  • プライドが高い人

自分の意思がなく決断力がない人

自分のやりたいことがわからず、転職の希望条件が明確でないにも関わらず、決断力がないために、なかなか応募する企業が決まらない転職者がいます。

そのような転職者は、まず転職が始まりません。

転職のスタートラインに立つために、希望条件などは明確にしましょう。

親同伴で面談に来る人

転職エージェントの面談に同伴してしまうような親は、応募した企業の人事部にもアプローチをしてしまう可能性があります。

そのような転職者は、企業の人事部から親離れできていないと最悪の印象を持たれてしまう可能性があります。

qa qa

前職の愚痴を言う人

前職の愚痴を多く言う人は、いろいろなことを会社や他人のせいにすると企業に判断されてしまう可能性があります。

そのため、企業の面接で落ちる可能性が高まります。

転職の希望条件のこだわりが強すぎる人

誰しもが転職エージェントを利用すれば、希望通りの転職を成功させられるわけではありません。

転職の希望条件のこだわりが強すぎると転職の幅も狭まるため、転職の成功率は下がります。

転職を何度も繰り返す人

転職を繰り返す人は、企業側に採用してもまた転職するのではないかと考えられてしまいます。

そうなれば、企業に採用されにくくなります。

プライドが高い人

プライドが高い人は、希望条件のレベルも高いため、求人を紹介しても希望条件に合うことが少ないです。

そのため、転職エージェントに見捨てられてしまう可能性があります。

転職エージェントとの面談はどこまで本音で話すべき?

ecruit_agent_motive_04

ところで、転職エージェントとの面談ではどこまで本音で話したらいいのでしょうか。

以下では、面談の際に注意する3つの点をご紹介します。

転職エージェントとの面談は、なるべく本音で話す

転職エージェントとの面談は、なるべく本音で話しましょう。

自分の転職の希望条件などを明確に伝えないと自分の望む転職を成功できない可能性があります。

前職の愚痴などはしない

前職の愚痴など、自分にとってマイナスになる発言は避けましょう。

愚痴などの発言は、自分がいろいろなことを会社や他人のせいにすると判断され、扱いにくい人材だと判断されてしまう可能性があります。

絶対に嘘の経歴を伝えない

絶対に嘘の経歴を伝えるのはやめましょう。

もし、嘘の経歴であるとバレてしまった際、転職エージェントはあなたに求人を紹介しない可能性が出てきます。

転職エージェントを賢く利用する方法

ecruit_agent_motive_05

次に、転職エージェントを賢く利用する方法を3つご紹介します。

転職エージェントを賢く利用する方法
  • 転職エージェントは複数登録する
  • アドバイザーとの相性が悪かった場合は、すぐに変更してもらう
  • 転職エージェントに嫌がられない転職者になる

転職エージェントは複数登録する

転職エージェントによって、得意な業界やあまり得意ではない業界などがあります。

また、各転職エージェントで紹介できる求人は異なります。

そのため、転職エージェントは複数登録しましょう。

mynaviagent-women-768×175 mynaviagent-women-768×175

アドバイザーとの相性が悪かった場合は、すぐに変更してもらう

アドバイザーにも良いアドバイザー悪いアドバイザーがいます。

そのため、少しでも担当のアドバイザーが悪いと思ったら変更してもらいましょう。

転職エージェントに嫌がられない転職者になる

転職の成功率をあげるためには、転職エージェントとの関係を良好にすることも必要です。

担当のアドバイザーとの関係をよくすることで、手厚いサポートをしてもらうことができます。

おすすめの転職エージェント4社

ecruit_agent_motive_06

転職エージェントを使う際の注意点は理解したけれども、結局どの転職エージェントを使えばいいかわからないといった方もいらっしゃるかもしれません。

次に、おすすめの転職エージェント会社を4社ご紹介します。

リクルートエージェント

ecruit_agent_motive_07

リクルートエージェントは、求人数・転職支援実績NO.1の業界最大手転職エージェントです。

求人数は非公開求人も合わせて約21万、転職成功実績数は約41万です。

リクルートエージェントの特徴を3つご紹介します。

リクルートエージェント 特徴
  • 業界最大級の非公開求人
  • 実績豊富なアドバイザー
  • 充実した転職サポート

doda

ecruit_agent_motive_08

dodaは業界2位の転職エージェントです。

非公開求人が求人の80%を占めるだけでなく、優良企業のものが多いです。

dodaの特徴を3つご紹介します。

doda 特徴
  • 非公開求人が豊富
  • 転職者満足度NO.1のサポート
  • 転職者1人につき、2人のアドバイザーがつく

マイナビエージェント

ecruit_agent_motive_09

マイナビエージェントは、人材派遣業界最大手のマイナビの転職エージェントです。

20代からに信頼されている転職エージェントNO.1です。

マイナビエージェントの特徴を3つご紹介します。

マイナビエージェント 特徴
  • 他にない独自の求人
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザー
  • 面接対策などの圧倒的サポート

JACリクルートメント

ecruit_agent_motive_10

JACリクルートメントは、ロンドン発の日経転職エージェントです。

そのため、グローバルな案件も豊富です。

JACリクルートメントの特徴を3つご紹介します。

JACリクルートメント
  • 各業界、職種に特化した約800人ものアドバイザー
  • 豊富なグローバル案件
  • 求人の60%が独占求人を含んだ非公開求人

転職エージェントの本音のまとめ

ecruit_agent_motive_11

最後におさらいです。

以下に注意して、あなたが望む転職を実現させましょう。

転職エージェントの本音のまとめ
  • 転職エージェントの本音は逆に活かす
  • 少なくとも、上記にあげた転職エージェントは全て登録する