お知らせ・プレスリリース
組織名称の改正等を行いました

2016年03月08日

平成28年3月8日に理事会及び評議員会を開催し、組織の名称を「ペット災害対策推進協会」に改正するとともに、事業内容の整理及び役員の改選を行いました。

阪神淡路大震災から約21年が経過しましたが、その間、災害時のペット救護を行う団体も飛躍的に増加するとともに、災害対策が動物愛護管理法にも規定されるなど、災害時におけるペットの救護を取り巻く状況は大きく変化してきています。
この間、法人格を取得して諸規程の整備を図ったり、専従職員を確保する等の拡充策を講じてきましたが、今般、東日本大震災関係の事業が一段落することを契機として、この21年間の状況の変化を踏まえた組織体制のより一層の拡充を次のとおり行うこととしました。

<名称>
 従前より、ペット(家庭動物)を対象として、平時における予防対策や同行避難等の普及啓発、発災時における現地動物救護本部に対する後方支援を主たる業務として活動を続けてきましたが、このことが分かりやすくかつ明確に伝えることができる名称である「ペット災害対策推進協会」に改名をしました。

 

<事業内容>
 減災・防災のためには、普段からの予防対策を講じておくことが重要であることから、平時における予防対策や同行避難等に関する普及教育事業のより一層の展開を進めて行くこととしました。
また、発災時には、現地救護本部に対して、資金、人材、物資、保護預かりの4点から支援事業を実施しますが、代行募集(本協会の予算や財産とはしない形態)や斡旋活動を主な業務内容としました。

最新のお知らせ

リンク 行方不明の動物を探しています。 どうぶつ救援本部ENGLISH PAGE 福島県動物救護本部
外部リンクに関する注意