お知らせ・プレスリリース
鹿児島県の口永良部島の噴火災害について<支援活動を開始しました>

2015年06月01日

5月29日に、鹿児島県の口永良部島で発生した噴火で被災された皆様に対しましては、心よりお見舞い申し上げます。

さて、現在、どうぶつ救援本部では、鹿児島県の動物愛護管理センターなどの関係機関と連絡をとりながら、被災した飼い主やペットの救護活動に対する支援を検討し始めているところです。

しかし、まだ現場の状況が詳細に分からないことから、支援の必要性の有無を含めて、飼い主の方々やそのペットの被災状況が具体的につかめずにいます。情報が入り次第、本ホームページにてお知らせをさせていただきます。

★5月31日(日)午後4時現在の情報

鹿児島県保健福祉部生活衛生課からの情報では、ペットを連れて屋久島の避難所に来られた方がいるとのことでした。「現在集計中だが犬・猫合わせて10頭程度である。現在、保健所の備蓄品からペットの食べ物等を供給しており、支援の必要性を含めて調査している」との連絡を受けているところです。

★6月1日(月)午後3時現在の情報

鹿児島県保健福祉部生活衛生課からの情報です。「被災ペットには保健所の備蓄から食事等を供給しており、頭数も少ないことから現時点では支援の必要な事態はないが、今後の状況次第ではお願いすることもある」とのことでした。なお、島に残されたペットの救護活動も、自衛隊員や消防隊員によって実施されているとのことです。どうぶつ救援本部としましては、引き続き鹿児島県などと密接な連絡をとりながら、必要に応じた支援などを行って行く予定です。

★6月4日(木)16時現在の情報

鹿児島県屋久島で支援が必要な事態があるとの情報が入りました。当面の措置として、鹿児島県に対しましてペットフードやケージ等の支援物資を送付し、保管・配布等をしていただくことにしました。数に限りがありますが、不足した場合には、随時、追加補充をいたします。

(支援物資リスト)
<犬・猫などの小動物(哺乳類)用の物品> 
ペットフード(ドライ、ウェット)、フードボウル、水入れ、トイレトレー、トイレシート
や猫砂など、ウェットシート、ブラシ、ポリ袋(うんち袋)、リードや首輪など
<環境管理用品>
消臭剤、コロコロ(粘着テープ)
<ケージ類>
キャリーバッグやケージなど

最新のお知らせ

リンク 行方不明の動物を探しています。 どうぶつ救援本部ENGLISH PAGE 福島県動物救護本部
外部リンクに関する注意