活動報告
国連世界防災会議に参加してきました。また、平成26年度調査研究助成案件を決定しました。

2015年03月19日

★国連世界防災会議
平成27年3月14日(土)から18日(水)に宮城県仙台市で開催されていた国連世界防災会議に本救援本部のブースを設置し(パネル掲示や同行避難普及啓発動画の放映、各種印刷物の配布、担当者との意見交換などを実施)、国内外の関係者に対しての情報発信と交流を行いました。期間中、ほぼ途切れなく色々な方々がブースを訪れてくださいました。来客者の反応ですが、ペットを飼育している方は足を止めてポスターや動画に感心を示していました。また、外国人の方々からは英語版のパンフレットがないのか尋ねられることが多かったので、今後、英語版のサイトやパンフレットを整備する必要性を感じました(英語で対応できる人員も配置していましたが、やはり印刷物も必要になるようです)。

国連防災会議1
国連防災会議2

★調査研究助成
平成27年3月3日に開催された理事会において、本年度の調査研究助成案件が次の2件を決定しました。なお、選考は外部有識者を入れた選考委員会において実施しました。調査研究成果については、皆さんに役立てていただけるように、おって本ホームページにおいて公表いたします。

助成案件1
○調査研究等の題目
Anthrozoos掲載原著論文「A Survey of companion Animal owners Affectedo by the East Japan Great Earthquake in Iwate and Fukushima prefectures, japan」の翻訳
○調査研究者
 某動物愛護団体の職員
○助成額
 12.25万円

助成案件2
○調査研究等の題目
被災動物の知識に関する動物看護士と児童教育機関学生のアンケート調査および動物関連団体における意識調査
○調査研究者
 某獣医系大学の准教授
○助成額
 60万円

最新の活動報告

リンク 行方不明の動物を探しています。 どうぶつ救援本部ENGLISH PAGE 福島県動物救護本部
外部リンクに関する注意