活動報告・事務局報告
他の団体の助成事業のお知らせです

2015年02月09日

動物救援本部の構成団体であった(公社)日本愛玩動物協会、(公社)日本動物福祉協会、(公財)日本動物愛護協会から、「ペット等の個体識別や不妊去勢措置の推進事業」についてのお知らせが事務局にありましたので、再度、お知らせをいたします。詳細については、各団体のホームページをご覧下さい。

*******

都道府県、政令市及び中核市における犬及び猫の引取り数は、平成16年度の年間約42万頭から、平成24年度は年間約21万頭と大幅に減少しましたが、より一層の減少が必要とされているところです。

この引取り数を減少させるための方策については、環境大臣が平成25年に策定した「動物愛護管理基本指針(動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針)」に挙げられているように、「みだりな繁殖を防止するための不妊去勢措置の推進」、「安易な飼養の抑制等による終生飼養の徹底」、「販売時における動物取扱業者からの説明・指導等の徹底」などを総合的に進めていく必要があります。

これらの諸方策のうち、不妊去勢措置の推進については、個体識別措置の推進と相まって、緊急災害時における動物救援や同行避難の円滑な実施に必要不可欠な措置です。

このような状況にかんがみ、(公財)日本動物愛護協会、(公社)日本動物福祉協会、(公社)日本愛玩動物協会においては、必要に応じて相互に連絡調整を図りながら、次のとおり、不妊去勢措置を推進するための事業などを全国各地において実施又は実施予定であるとのことでした。

◎公益社団法人日本愛玩動物協会
 事業名:平成26年度適正飼養推進プロジェクト助成事業(平成26年度より開始) 
 実施対象地域:対象地域の限定はありませんが、今回は、岩手県・宮城県・福島県・栃木県・長野県・和歌山県・広島県の案件を優先します。
 事業概要:個体識別・不妊去勢措置の推進などの愛玩動物の愛護と適正飼養・管理に関する公益的なプロジェクトを対象。
  原則として法人格を有する団体に対して助成(助成額の上限は1件当たり30万円。審査のうえで数件を対象)。
  なお、対象動物は、飼い犬・飼い猫・給餌や清掃等の管理が担保されている地域猫。
 期間:応募期間は、平成27年1月20日(火)~平成27年2月19日(木)
 問い合せ先:(公社)日本愛玩動物協会 電話:03-3355-7855
   ★詳細についてはHPをご覧ください。 http://www.jpc.or.jp/subsidies/

◎公益社団法人日本動物福祉協会
 事業名:平成26年度捨て犬・捨て猫防止キャンペーン(過年度よりの継続事業) 
 実施対象地域:茨城県、山口県、佐賀県
          ※茨城県については(公社)茨城県獣医師会との共同事業
 事業概要:飼い主等からの応募に基づき、不妊去勢手術費用の一部を助成(1頭当たり4千円~1万円。応募多数の場合は抽選)
 期間:応募期間は、平成26年9月1日(月)~平成26年10月31日(金)
 問い合せ先:(公社)日本動物福祉協会 電話:03-5740-8856
      担当:山口、町屋、林(平日9:00~17:00)
         ※茨城県についての問い合わせ先は最寄りの動物病院。
   ★詳細についてはHPをご覧ください。http://jaws.or.jp/

◎公益財団法人日本動物愛護協会
 同趣旨の支援等を実施するために、現在、その具体的内容を検討中。決定次第、HPにて公表。 
   ★詳細についてはHPをご覧ください。 http://jspca.or.jp/

最新の事務局報告

リンク どうぶつ救援本部ENGLISH PAGE
外部リンクに関する注意