お知らせ・プレスリリース
被災動物サーチプロジェクト調査の全国展開に着手しました

2014年10月27日

東日本大震災においては、避難の過程でペットとはぐれてしまい、今でも再会できないままペットを探し続けている飼い主の方々が多数いらっしゃいます。その一方で、被災地でペットを保護・収容し、その飼い主を探し続けている動物愛護団体も多数にのぼります。

このため動物救援本部では、ペットを探している飼い主と、ペットを保護収容している動物愛護団体が情報を提供し合い、一頭でも多くのペットが飼い主の元に戻るための支援策として、平成26年6月より「被災動物サーチプロジェクト」を立ち上げ、ホームページでの公開を始めているところです。

本プロジェクトは、①迷子になってしまった動物たちを探している飼い主様を支援すること、②全国各地引き取られた動物たちを元の飼い主様に戻すこと、または新しい飼い主様を探すこと、を目的としたプロジェクトですが、今回、本プロジェクトを全国的に展開するため、岩手・宮城・岩手県の飼い主の方々、全国各地の動物愛護団体やペット病院、関係行政機関等に対して、情報提供の呼びかけを一斉に行うこととしました。また、情報提供が促進されるように、併せて、ポスターとパンフレットの作成・配布も始めたところです。

はぐれてしまったペットを探している飼い主の皆さま、また、保護収容して元の飼い主を探しているペットがいましたら、本プロジェクトに情報提供をいただけますよう、ご協力をお願いします。

<<被災動物サーチプロジェクトのHP https://doubutsukyuen-search.org/ >>

なお、本救援本部では、保護収容の実態と保護収容をされた方々のご負担の程度を定量的に把握するために、東日本大震災にかかる被災ペットの保護収容数の調査を行うこととしました。恐れ入りますが、こちらの調査にもご協力をよろしくお願いします。

★ペットを探している飼い主の方々へ

飼い主
調査票


★ペットを保護収容しているペット病院や動物愛護団体の方々へ

愛護団体
アンケート

★被災動物サーチプロジェクトに対する情報提供呼びかけのリーフレット


A4チラシ2

★救援本部だより(第1号)


第1号

最新のお知らせ

リンク 行方不明の動物を探しています。 どうぶつ救援本部ENGLISH PAGE 福島県動物救護本部
外部リンクに関する注意