活動報告
緊急災害時どうぶつ救援本部 活動経過 3月

2011年03月30日
3月11日 地震発生直後より活動を開始。
3月12日 被災地域行政の動物担当、および関係者への連絡を 試み、情報収集を行なう。
3月14日 第1回緊急災害時動物救援本部会議が招集され、以下の事項が検討された。
1)活動拠点の確保宮城県仙台市内2拠点、岩手県盛岡市内1拠点一次的に上記拠点に物資を輸送し、ここから各地に配送を行う予定。
2)救援物資の輸送ガソリンが入手困難なため、トラックで往復するために必要なガソリンの入手手段やルートなど、被災地への物資輸送のための方法を検討中。
3)被災地の情報収集現地での活動を組織的に展開するために必要な被災地の情報収集。
4)今後の救援活動の内容検討動物の一時預かりや動物保護シェルターの設置など、今後の動物救援体制の内容を具体的に検討中。
3月17日 動物救援の活動拠点として、青森県と福島県を追加。
3月18日 株式会社ニチドウ様から支援物資輸送のご協力についてお申し出いただき、ペットフード2.5トンを仙台市に向けて発送。
3月19日 宮城県名取市に向けてペットフードを輸送中。
3月20日 被災地県外の避難所に、動物を連れた被災者が多くなってきていることから、自治体からの要請により、各避難所へのペットフードの支援などを開始。
3月23日 福島県および福島県獣医師会と、県内の被災動物の救護に関する会議を実施。
支援物資受付開始。
3月24日
福島県内避難所にて動物可避難所への移動についての案内を実施。
3月26日 動物受け入れ可の避難所との打合せと受け入れ準備。
3月30日 平成22年度 第2回緊急災害時動物救援本部会議。
1)環境省での検討事項の報告
2)各団体の活動報告
3)世界動物保護協会からの義援金(1,000万円)受領の報告

会議の様子

世界動物保護協会のアジア担当 Drダミアン・ウッドベリー
最新の活動報告

リンク どうぶつ救援本部ENGLISH PAGE
外部リンクに関する注意